Now Loading... Now Loading...

MENU

福永ケンさん

次女のTシャツ

17.01.11
HIROSHIMA

口ひげに眼鏡にベレー帽というコーヒー屋という仕事にうってつけの姿をした、コーヒーロースターの福永ケンさん。今年46歳の福永さんは、ふたりの娘さんを持つ父親でもある。コーヒーのいい匂いのする店内でTシャツを手に語ってくれた、父と娘の話し。

--お皿売り→運送会社→クレーン運転手→鍵屋→人材派遣業からの、突然ロースターへ。

黒いパグ(ゴーヤくん)のいる「THE BEANS ROASTER 9689coffee(クロパグコーヒー)」のオーナー福永さんは、ロースターに到るまでの経歴がなかなか変わっている。中学を卒業後、理容師になるべく住み込みで働き始めるも若さゆえの遊びたいモヤモヤなどで長く続かず逃げ出してしまう。その後、お皿(!)を売ったり、鍵屋さんになったり、クレーンの運転手として10年働いたり、人材派遣業を13年やったりと、紆余曲折いろいろな道を通って、2年前に9689コーヒーをオープンさせた。コーヒーの仕事をしようと決めて、千葉や名古屋のロースターから学びながらの1年を経てのオープンだった。

--紆余曲折から突然ロースターになる

福永さんには奥様とふたりの娘さんがいる。長女は22歳、東京で女優として活動している。今年20歳になる次女は、地元で大学に通いながら福永さんと一緒に実家で暮らしている。4人はとても仲のいい家族で、娘さんとふたりだけで出かけることもよくある。急に父親/夫がコーヒー屋になるという行動に、家族から何か不安のようなものを言われなかったのかと尋ねたら、「たいていは事後報告です」と笑いながら答えてくれたが、それでも反対はなかったという。むしろそうした自由な大人だからこそ、20歳を超えてもなお娘さんと仲が良く、子どもが親から服を借り、一緒に遊んでショッピングにも行けるのかもしれない。福永さんは、実際にとても個性的な服を着ている。それも自分に似合うものをよくわかっているなーという装い。聞けば、ファッションが好きでシルバーアクセサリーを熱心につくっていた時期もあったそうだ。「娘には、ねだられてものらりくらりかわしてつくらなかったですけど(笑)」。

--もう少ししたら家を巣立つ次女

ご家族の話しから、いまも一緒に暮らしている次女について、「もうちょっとしたら家を出ることになりそうなんです」と苦笑いしながら福永さんは話してくれた。4年近く付き合っている彼がおり、一緒に住みたいと話しをされているのだという。実は高校卒業時にも相談されていたが、大学を出てからと話しをしていた。実際のところ、反対をしているわけではないのだそうだ。そこは親としてのケジメなのだろう。

--次女が自分で買って、姉妹で着ていたTシャツ。

今回、オシャレな福永さんが犬の服へとループケアしたい服は、Tシャツ。次女が中学時代に買い、姉妹で共有していたものだ。姉妹のファッションの傾向は違うけれど、家族の服でいいものがあれば、誰のものでも貸し借りしてきたという。「これを着て、一緒にディズニーランドにも行きましたねー」とポツリ。娘さんとループケアの話しをすると、「(パグの)ゴーちゃんの服にするなら、これがいいかな」と持ってきてくれたのがこの3枚のTシャツだった。イラストとタイポグラフィがかわいいポップなものからロックテイストなものまで、着ていた少女時代の好きなファッションが伝わってくるセレクトだ。

まだ次女が出ていくと具体的に決まったわけではない。だからなのか、娘さんは特別なことは何も言わなかったそうだが、自分が家を出ていけば、家には両親とパグのゴーちゃんだけになる。そう思って、自分が着ていたものを両親の側にいるゴーちゃんの服にできたらと考えたのかもしれませんねと話すと、「えー、そんなこと考えてたのかなー(笑)」と福永さんは、ハニカミながら笑っていた。

聞き手: 山口博之

写真: 山田泰一

HOW TO ORDER オーダー方法

HOW TO ORDER オーダー方法

LOOP CAREの使い方

LOOP CAREの使い方

LOOP CAREサービスのご利用につきまして、ご注文方法についてはこちらからご確認いただけます。

REPAIR SERVICE リペアサービス

REPAIR SERVICE リペアサービス

商品毎に、1回分の無料修繕サービス(リペア券)がご利用いただけます。
完成品といっしょにリペア券をお届けいたします。